三度の飯よりカイトサーフィン
より良いカイト環境を求めてビーチの近くにお引越し。ブライトンで日々のカイトライフを夫婦で楽しんでいます。
Profile

Kitalysta

Author:Kitalysta
オーストラリアに移住して念願のカイトサーフィンを始めた夫婦のカイトサーフィン日誌



Latest journals



Latest comments



Latest trackbacks



Monthly archive



Category



カウンター



Tag

キャンプ
カイト カイトサーフィン Head オーストラリア Elliott ブライトン ブリスベン キャンプ Byron Bay Bangalow Island Double Teewah Freshwater Point カイトトレーニング IKO インストラクター ゴールドコースト レッスン サンドゲート 洗車 Inskip カイトギア SUP Noosa Beach Rainbow beach IKOインストラクター Heads Lake Cootharaba ジャンプ Day Australia up 掃除 Clean デモ トレーニングカイト アシスタント 船舶免許 Burrum 船舶 ボート アシスタント・インストラクター 風待ち バックロール Woodgate woodgate クーランガッタ Golden レインボービーチ kitepower オリンピック ウィンドサーフィン ウィンド リオ カイトレーシング ブラジル 修理 CPR ファーストエイド タイド ハイタイド ウェーブ ピクニック コンペティション ラック ボード カーゴ クロスバー ショーンクリフ キングタイド ナッジー スケボー オフトレ 爆風 スカボロー BBQ バーベキュー カイトハウス Kitepower Catalyst カタリスト サンシャインコースト EDGE OZONE C4 超微風カイト カイトボード ロングスケートボード カイトレッスン ロンスケ ランチ ニーボード ケーブルパーク ウェイクボード エリオットヘッズ ゲーム トリップ 日の出 キャンプサイト フラットウォーター ローカル ライダー ウォータースタート ウェット ボーディー Mystic ウェットスーツ ハーネス 怪我 ダウンループ ループ 散歩 トーサイド ロード&ポップ ビーチ 放課後カイト クラゲ ペリカンパーク レッドクリフ カイトショップ カイトサーファー お散歩 ホースバックライディング



Search form



Display RSS link.



Link

add link



Friend request form

Want to be friends with this user.



seabreeze.com.au
カイトキャンプ @Byron Bay - なんとなくカイトセッション
マーケットから戻ると、昨日よりも木が揺れているではないか!
これを逃すわけにはいかんぞ!
ということで、みんなして海へ駆け足。

P1030624.jpg

とはいえ、10ノットそこそこ?
17m級のカイトなら出られるかな?程度の風なので、
自前の一番大きいカイトが13mの僕は、
とりあえずハーネスだけ持ってみんなのもとへ。

いつもよりギャラリーの多いビーチでカイトをセッティングして、17m組出陣。

そして、早々に帰還。。 

全く滑り応えがなかったようです。

大柄な彼らにはイマイチな風でも、
(彼らと比べたら)小柄な僕なら17は余裕だろうと、
暇を持て余してる仲間たちがラインやらボードやら
僕のために手厚くセットアップしてくれて、僕は言われるがまま海へ。

P1030616.jpg

滑ること自体は出来たけど、大きなカイトはその分動きがゆっくりなので、
楽しめたかというと、うーん、微妙でしたね。
カイトを始めた頃はどんな風でもでていたのに、
今やコンディションを選ぶようになってしまって、いかんですなぁ。笑

その後は、夕食に向けてエネルギーを消費すべく、
ボディーボードで軽く波を楽しんだところで最終日終了。

今回はなんとも風に恵まれないカイトキャンプでしたが、
Bayron Bayまで来られたし、一応カイトで海にも入れたし、
みんなともワイワイできたので良し!
みたいな人たちが意外に多かったようです。
ま、トレーニングに来たわけでもないですしね。
こういうオージー気質、大好きです。笑

そろそろシーズンも終盤に近づいていますが、
締めのイースターまであと約1ヶ月、もうちょっと楽しみたいと思います。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイトキャンプ @Byron Bay - Bangalow Market
Byron Bay滞在中は、ワイフが興味津々だった噂のマーケットにも行ってきました。

DSC01581.jpg

Bangalow Market。
Byron Bayから車で20分くらいのところにあるBangalowという町の
だだっぴろ〜いスペースで毎月第四日曜日に開催されています。
(ウェブサイトはこちらから→Bangalow Market

とても大規模なマーケットで見所いっぱい。
野菜や果物、パン、ジャム、洋服、陶器、などなど、
ちょうど僕らの滞在が第四日曜日にかぶっていたのでラッキーでした。

DSC01580.jpg

もちろんテンションのあがるフードコートもあり。
しかもかなり充実している様子。笑

まずは、マーケットの醍醐味の1つである朝食から。
ということで、ボリューム満点のワッフルをチョイス♪

DSC01595.jpg

惜しみなく具材を乗せてくれるあたり、
ローカルマーケットって感じでいいですね。

日本がらみのお店も発見。

DSC01585.jpg

オージー風のスタッフがとても大きな鉄板を使い、
デモンストレーション的に店先で餃子を焼くその奥で、
アジア系の方が1人黙々と餃子を包んでおられました。

このマーケットは歩けど歩けどお店が途切れることがないほど大きく、
かつて住んでいたオレゴンのサタデーマーケットのようだとワイフは大喜び。
お店はなんとなくとぐろ上に並んでいるので、
どのセクションも見逃す事無く、気がついたら2周してました。

DSC01605.jpg

僕らは普段あまりキャッシュを持ち歩かないので、
急にこういう(現金しか使えない)場所に行くと、
ろくな買い物もできずに帰ってくるのがオチなのですが、
この日はなけなしのお金でワッフルを頬張り、
地元のおばちゃんが手作りしているというマグカップを1つ購入。
本当はペアで2つ欲しかったんですけどね、とりあえず1つだけ・・。

また近くに行くことがあれば、ぜひ立ち寄りたいと思います!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイトキャンプ @Byron Bay - 風よ何処へ・・
翌朝チェーンと南京錠がなくなったのを確かめ、ワイフと朝の散歩へ。

DSC01471.jpg

犬連れ家族連れ、トレーニンググループ、サーファー、観光客、
朝から大勢の人がビーチに出ていて、
改めてByron Bayの人気ぶりがうかがえました。

そして、先月の独占状態だったTeewahキャンプをを懐かしんでみたり。

ちょうど友達が釣りをしていたので、軽く釣りを教えてもらいつつ、
餌になるピピガイの見つけ方を伝授してもらいました。
Gold Coastで体験したイソメほどは難しくないものの、
やっぱり僕には思うように見つけられず。。
そんな僕を横目に、次から次から面白いようにピピガイを拾ってくるワイフ。
無欲の勝利なのか、とりあえず僕は釣り係に専念。笑

DSC01474_20140819121810562.jpg

風もなければ吹く気配すらないので、
何を慌てるでもなく、ゆっくりとサイトに戻り朝ご飯。

その後も仲間やその家族と談話を楽しみつつ、
(意外とこういう所での思いがけない情報交換が好きだったりします)
僕は友達が貸してくれたウクレレを練習してみたり、

DSC01472.jpg

ワイフは友達の娘(まもなく2歳)とお茶会をしたり、
DSC01473.jpg

気をとり直して海でボディーボードをしながら風待ちしたり。

ようやく木がそよそよ揺れ始めたところで、
カイトを持って海へゴー!

といっても、持って来たのはトレーニングカイト

DSC01495.jpg

オーナーのジョンはカイトバギーを持って来てましたが、

DSC01539.jpg

いかんせん微風過ぎてカイトも上がらないので、
息子を前に乗せて人力バギーで遊んでいました。

僕らの釣り師匠ブルーはランドボード。

DSC01534.jpg

僕もランドボード用のホイルカイトを練習させてもらいました。
これは操作部分のハンドルが右手と左手に分かれていて、
1本のバーになっているカイトサーフィンのカイトとは
操り方も動きも違うので、とりあえず慎重に慎重に。。

面白かったけど、思った以上のパワー!
人通りの多いビーチで遊ぶにはまだまだ練習が必要そうです。
 
ワイフもちょっとだけ挑戦。

DSC01544.jpg

結局この日の風はこんなもので、
最後はジョンのバギーにワイフを乗せて、
人力バギーで本日のビーチアクティビティは終了。

DSC01572.jpg

あとはビールタイムに突入です。笑

明日は、風が吹きますように!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイトキャンプ @Byron Bay - 街中キャンプ
2月のKitepower主催Teewahキャンプは、
ビーチキャンプということもあり4WD限定だったので、
今月は誰もが参加できるファミリーキャンプ@Byron Bayがありました。

DSC01483.jpg

Byron Bayは、ブリスベンから1時間半ほど南下したところにある、
オーストラリア最東端の観光地。
綺麗な海と灯台が有名です。

ヒッピーの町としても有名で、
ワーホリを始め沢山の若者に人気の町です。

今回キャンプをしたのは、そんな町のど真ん中にある設備の整ったキャラバンパーク。
トイレ、シャワーはもちろん、広々とした共有キッチンにバーベキュー台、
「海と僕ら」だけのビーチキャンプ@Teewahでは許されなかった忘れ物も、
この町ではそんな概念すら存在しないほどお店が並んでいて超便利。

その証拠に3泊分の食料は現地に到着してから買いに出ました。笑
何かあれば薬剤師のいる薬局もあったりして、
正直、事前の準備には全く気合いが入りませんでしたね。
さすが観光地。

僕らが滞在した電気なしのサイトは敷地の端っこに位置していたのですが、
そのすぐ裏手に小さな出入り口があって、
海への荷物が多い僕らには、嬉しい海まで徒歩1分のベストロケーション!

DSC01466.jpg

せっかくなので、夜はワイフと海の散歩に♪
と、ここから出ようとしたら、
チェーンと南京錠がガッチリかけられていました。。
賑やかな観光地なので、不審者の侵入防止目的でしょうか。
うん。防犯、大切ですね。

ということで、夜は柵の手前から海を眺めておしまい。

代わりに?仲間たち数人と
観光気分丸出しで夜の町を徘徊して来ました。

なんていうか、これまで行ったキャンプの中でも、
最もキャンプ感の少ないシティーキャンプだった気がします。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイトキャンプ @Teewah Day 3
3日目。最終日。

午後には帰るので、とりあえず朝食を済ませ、
テントやら何やらを片付けてから、行動を開始することにしました。

P1030428.jpg

ビーチキャンプの醍醐味は、汗をかいても直ぐに流しに行けるとこ!?

考えることは皆同じようで、それぞれテントを片付け終えると、
我先にと海に駆け込み、そのまま海水浴セッションに突入。笑

波が強かったので、ボディーボードもできたし、
友達がカヤックを貸してくれたので使わせてもらったり。
カヤックは、帰りに買って帰ろうかと本気で考えたくらい楽しかったです。

P1030432.jpg

上手い具合に波を越えるには、
カヤックの頭を波に対して直角に持っていかないと転倒してしまうので、
僕らのような初心者はなかなか思うようにいかないのですが、
意外にも(?)ワイフはスイスイと沖へ上がって行っていました。やるな。

P1030442.jpg

バランスを崩すとすぐにコロンっといってしまうのですが、
上手く波に乗って戻ってこられると、スピード感があって気持ち良かったです!

P1030449.jpg

最終日だというのに、朝から楽しさMAXで名残惜しい!

この日は予報通りの微風だったので、
カイトは諦め違うアクティビティを。
Teewahの北側でDIの裏側に位置する、これまた最高に水が綺麗なFreshwaterへ向かいました。

P1030479.jpg

ここには岩場があるので、シュノーケルもできます。

僕らはグレートバリアリーフのあるクイーンズランドに住んでいるので、
そこでのシュノーケルの様子を見聞きする機会が沢山あるのですが、
正直「へ~」くらいで、そこまで興味はありませんでした。

それでもせっかくなので、友達が貸してくれたシュノーケルセットを装着。

ワイフはこれが人生初のシュノーケル。
彼女は僕以上に全く興味がない様子で、
そこまで乗り気でもなかったけれど、
時間もあるし、まぁ取りあえずやってみようかな、みたいな感じで、
浅瀬で軽く呼吸の練習をしてから一緒に岩場に向かいました。

P1030478.jpg

透き通る水の中をフィンをつけて泳ぐだけでも十分楽しかったですが、
シュノーケルなるのものを実際に体験してみた感想は・・、懺悔です。

シュノーケル、悪かった!!!
シュノーケル、めっちゃ楽しい!!!!!

期待値が低かったこと抜きに、シュノーケル、最高!!!!!

ニモみたいにビビッドな魚はいなかったものの、
いろんな種類の魚たちが泳いでいて、ただただ感動!

興味ゼロだと言ってたワイフも、
今ならシュノーケルが趣味だと言う人の気持ちがわかる!と興奮気味。笑

今回のカイトキャンプの一番の収穫は、シュノーケルだったのでは??
というほど、夫婦揃ってえらくシュノーケルのファンになってしまい、
シーズンももう終わりだというのに、
イースターキャンプまでにはシュノーケルセットを買う!と誓いました。
なんて単純。笑

カイトサーフィンのために始めたキャンプですが、
カイト以外のことでも積極的に体験してみると、
想像以上の世界が僕らを待っていたりして、
その小さな出会いの連続が、キャンプの最大の魅力なのだと思います。

そして、どのキャンプも毎回楽しいけれど、
今回のキャンプは特に記憶に残るキャンプだったように思います。

これも、仲間のおかげ。

僕ら2人ではやらないようなことも、
(特にシュノーケルなんて僕ら2人では絶対やらなかっただろうし)
仲間がいることで、挑戦して、世界がどんどん広がっていく。
良い仲間に囲まれていることに心から感謝です。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports