三度の飯よりカイトサーフィン
より良いカイト環境を求めてビーチの近くにお引越し。ブライトンで日々のカイトライフを夫婦で楽しんでいます。
Profile

Kitalysta

Author:Kitalysta
オーストラリアに移住して念願のカイトサーフィンを始めた夫婦のカイトサーフィン日誌



Latest journals



Latest comments



Latest trackbacks



Monthly archive



Category



カウンター



Tag

船舶
カイト カイトサーフィン Head オーストラリア Elliott ブライトン ブリスベン キャンプ Byron Bay Bangalow Island Double Teewah Freshwater Point カイトトレーニング IKO インストラクター ゴールドコースト レッスン サンドゲート 洗車 Inskip カイトギア SUP Noosa Beach Rainbow beach IKOインストラクター Heads Lake Cootharaba ジャンプ Day Australia up 掃除 Clean デモ トレーニングカイト アシスタント 船舶免許 Burrum 船舶 ボート アシスタント・インストラクター 風待ち バックロール Woodgate woodgate クーランガッタ Golden レインボービーチ kitepower オリンピック ウィンドサーフィン ウィンド リオ カイトレーシング ブラジル 修理 CPR ファーストエイド タイド ハイタイド ウェーブ ピクニック コンペティション ラック ボード カーゴ クロスバー ショーンクリフ キングタイド ナッジー スケボー オフトレ 爆風 スカボロー BBQ バーベキュー カイトハウス Kitepower Catalyst カタリスト サンシャインコースト EDGE OZONE C4 超微風カイト カイトボード ロングスケートボード カイトレッスン ロンスケ ランチ ニーボード ケーブルパーク ウェイクボード エリオットヘッズ ゲーム トリップ 日の出 キャンプサイト フラットウォーター ローカル ライダー ウォータースタート ウェット ボーディー Mystic ウェットスーツ ハーネス 怪我 ダウンループ ループ 散歩 トーサイド ロード&ポップ ビーチ 放課後カイト クラゲ ペリカンパーク レッドクリフ カイトショップ カイトサーファー お散歩 ホースバックライディング



Search form



Display RSS link.



Link

add link



Friend request form

Want to be friends with this user.



seabreeze.com.au
IKOインストラクターへの道〜船舶講習
P1000251.jpg

今日は船舶(モーターボート)の免許を取得するための講習に行ってきました。
もちろんワイフも一緒に。笑

朝8時から夕方4時まで、理論と実技で丸1日。
割合的には、理論が2/3、実技1/3といったところでしょうか。

理論では、内容はもちろんテキストのページ番号まで頭に入っている教官が、
海上のルールやサイン、安全面、気象など、
ボートの操縦や計画を立てるにあたって大切なポイントを細かく説明してくれました。

実習では、まずは教官の運転で沖にでて、普通の走行や救助など、
テーマごとに教官が手本を見せて、そのあと一人ずつ順番に運転していきました。

僕らのグループは5人。
大抵の人は1〜2度やれば運転を交代するのですが、
ワイフは堅いハンドルを思うように動かすことができず、
「それじゃ合格させてあげられない」と何度もやり直しさせられ、
最後はどうにか合格点をもらってホッとしていました。
僕は、車の運転や、カイトで風、波に慣れているせいか、
みんなよりも操縦時間が短かったので、
正直もう少し練習させてもらいたかったです。。

船の運転は、ちょっとの風や波でも軌道がすぐにぶれるので、
常に頭を使いますが、海の上を風を切って進むのは、この上ない開放感がありました。

それにしても、地上では本来「右(right)」「左(left)」という言葉があるのに、
どうして海に出たら、右が「スターボード(starboard)」で左が「ポート(左)」、
前は「バウ(bw)」で後ろが「スタン(stern)」になってしまうのだ??
これまでの人生、右は右、左は左と認識してきていたものが、
ここへきていきなりスターボートなんて言われても・・!
と思っていたので、海の実習で、スターボートと言われれば舵を右にきり、
ポートと言われれば左に向かってる自分がいた時にには正直驚きました。
何事も真剣に臨めばできるものですね。笑

P1000253.jpg

それと、僕らは事前に勉強をしていかなかったので、当日の講習が全てでした。
最後にはテストがあり、合格しないことには免許がもらえません。
なので、教官の言う事は一語一句のがしてはいけないと集中した結果、
ワイフとは違う問題のテストを受けたにもかかわらず、
結果は2人揃って50問中47問正解。
これが何を意味するかと言えば、
教官の話に出て来なかったところだけを同じように間違えてたわけです。

このテストもFirstAidの時と同様で、間違えた問題はもう一度やりなおし、
50問全て理解できれば合格ということでした。
そして、講習終了時にこの証書をもらいました。

P1000254.jpg

これを持ってQueensland Transportへ行き、$89の登録料を払えば、
晴れて船舶免許取得です。

ちなみに、今回の講習ではエクストラでジェットスキーの講習も受けることができたので、
こちらも合わせて取得することにしました。
免許の登録料はもちろん別。

($86 x 2種類) x 2人 = $344

外は猛暑でも、懐は大寒波です・・。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports