三度の飯よりカイトサーフィン
より良いカイト環境を求めてビーチの近くにお引越し。ブライトンで日々のカイトライフを夫婦で楽しんでいます。
Profile

Kitalysta

Author:Kitalysta
オーストラリアに移住して念願のカイトサーフィンを始めた夫婦のカイトサーフィン日誌



Latest journals



Latest comments



Latest trackbacks



Monthly archive



Category



カウンター



Tag

Cootharaba
カイト カイトサーフィン Head オーストラリア Elliott ブライトン ブリスベン キャンプ Byron Bay Bangalow Island Double Teewah Freshwater Point カイトトレーニング IKO インストラクター ゴールドコースト レッスン サンドゲート 洗車 Inskip カイトギア SUP Noosa Beach Rainbow beach IKOインストラクター Heads Lake Cootharaba ジャンプ Day Australia up 掃除 Clean デモ トレーニングカイト アシスタント 船舶免許 Burrum 船舶 ボート アシスタント・インストラクター 風待ち バックロール Woodgate woodgate クーランガッタ Golden レインボービーチ kitepower オリンピック ウィンドサーフィン ウィンド リオ カイトレーシング ブラジル 修理 CPR ファーストエイド タイド ハイタイド ウェーブ ピクニック コンペティション ラック ボード カーゴ クロスバー ショーンクリフ キングタイド ナッジー スケボー オフトレ 爆風 スカボロー BBQ バーベキュー カイトハウス Kitepower Catalyst カタリスト サンシャインコースト EDGE OZONE C4 超微風カイト カイトボード ロングスケートボード カイトレッスン ロンスケ ランチ ニーボード ケーブルパーク ウェイクボード エリオットヘッズ ゲーム トリップ 日の出 キャンプサイト フラットウォーター ローカル ライダー ウォータースタート ウェット ボーディー Mystic ウェットスーツ ハーネス 怪我 ダウンループ ループ 散歩 トーサイド ロード&ポップ ビーチ 放課後カイト クラゲ ペリカンパーク レッドクリフ カイトショップ カイトサーファー お散歩 ホースバックライディング



Search form



Display RSS link.



Link

add link



Friend request form

Want to be friends with this user.



seabreeze.com.au
カイトキャンプ@Lake Cootharaba - 番外編
P1000562.jpg

Lake Cootharabaの帰り道にブライトンに立ち寄ったら、
風もそこそこ、タイドがめちゃくちゃ良い感じ!

と言うわけで、今回のカイトキャンプのシメは、
やっぱりいつものブライトンでした。笑

チャンチャン。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイトキャンプ@Lake Cootharaba - 丸焼き
P1000556.jpg

仲間のお陰で車が一件落着した後は、
キャンプ前から楽しみにしていた日曜のランチタイム。

豚の丸焼きです。

英語では「Pig on a spit(串に刺した豚)」と言うのですが、
どうしても日本語の「丸焼き」という印象が強くて、
「Ping on fire」と言ったら大爆笑されてしまいました。
「火であぶった豚」のつもりだったのですが、
「豚が火事、火まみれの豚」みたいに聞こえたのかもしれませんねぇ。

P1000557.jpg

それから、キャンプ帰りのお決まりの1枚。

P1000561.jpg

この写真、ハズさんのお腹がぽっこりしちゃってますが、
一応彼の名誉のためにお伝えしておくと(笑)、
こう見えて体脂肪率は一桁台なんですってー。

それにしても、Burrum Headsキャンプが暴風雨で流れてしまったので、
今シーズン最後のキャンプとなるであろうイースター前に、
もう一度キャンプに行けて大満足!

P1000462.jpg

Lake Cootharaba、こぢんまりとしていて、なんか良かったな~。
ブリスベンからも近いので、また行ってみたいと思います。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイトキャンプ@Lake Cootharaba - ハプニング
P1000532.jpg

帰る日の朝、車の左後ろのタイヤの空気が抜けていることに気付きました。

実のところ、車を買った時からこのタイヤだけ空気が抜けている感じはいていたので、
キャンプ前にしっかりと空気を入れてきたにも関わらず・・。

ただ、僕らだけではよく分からなかったので、友達にもチェックしてもらいました。

そしたら、まさかのパンク。。

正確には、タイヤに釘が刺さっていて、じわりじわりと空気が抜けている状態。
多分、買った時にはもうすでに刺さっていたような気がします。。

P1000533.jpg

この後1時間半高速を走ってブリスベンに戻ることを考えると、
タイヤは交換しておいた方がいい、ということで、仲間の力を借りて、
人生初の緊急タイヤ交換@キャンプ場・・(苦笑)

車の購入一週間にして、早速スペアタイヤの出番です。。

しかも、他の3つのごっついタイヤを釣り合うのか?というくらい、
限りなくツルツルの溝の浅いスペア。。
それでも、釘が刺さったままよりはまし、ということで早速交換。

オーストラリアで暮らす以上、タイヤ交換くらいは出来た方が良いということで、
いろいろアドバイスをもらいながら、僕が交換することになりました。

感想・・、4WDのタイヤ、重っ!!!

でも、これで一件落着。

P1000538.jpg

と思いきや、ここで救世主の登場!!

ブライトンでは会った事の無い人だったのですが、
僕らのすったもんだを見て、「パンク修理キットもってるよ」と、
修理キット片手にひょっこり現れたカイト仲間のサイモン。
惚れ惚れするような手さばきで、あっという間に修理をしてくれました。

これにはタイヤ交換を手伝ってくれた仲間達もビックリ。

P1000539.jpg

僕らも感謝感激雨あられ!

取りあえずは処置してもらったので、
あとはブリスベンに戻ってから車屋さんに直行すればいいわけね、
と思えば、これで本当に修理完了なのだそうです。

「車屋行っても同じことするだけだから、その必要はないよ」
とあっさり言われてしまいました。

P1000540.jpg

とはいえ、パンクは直っても空気は抜けたままなので、
結局のところ帰路はスペアタイヤで・・。

と思いきや、今度は「空気いれればいいよ」と彼。

「へ・・?」と面食らう僕ら。

P1000541.jpg

彼の車がある所までタイヤを転がしていって納得。

そこにあった大きなランドクルーザーは、
オーストラリアで行けないところはないような、
海でも山でもどんとこい!の完全フル装備。

自動車用空気入れどころか、本格的な気圧計まで常備されていて、
みるみるうちに僕らのタイヤが本来あるべき姿へと戻っていきました。

P1000543.jpg

もう感謝してもしきれません。。

実際タイヤ交換の段階から、
通りすがりの仲間達がどうしたのどうしたの?と次々に寄って来ては手を貸してくれ、
噂には聞いていたオージーのマイトシップに本当に助けられました。

僕らは本当に素晴らしい仲間に支えられながら生きているんだな~と改めて実感。
ワイフもウルウル。

僕らもこの国で暮らす以上、マイトシップの気持ちを大切に生きていきたいです。

ただ面白いのは、今回助けてくれた仲間達、
実はみんなニュージーランドややオランダやらの出身で、ピュアなオージー率ゼロ%。

これもがオーストラリアの魅力なのでしょうか。笑

助けてくれた皆さん、本当にありがとうございました!!
(誰一人としてこのブログを見る事はないのですが・・)
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイトキャンプ@Lake Cootharaba - 自然界の生き物
湖畔のキャンプサイトでは、こんなに可愛らしい仲間達に出会いました。

P1000487.jpg

常に仲良く散歩をしている合鴨くん。
あっちのカイトでクンクン、こっちのボードでクンクンと、
海に陸に、毎日しっかりパトロールしていました。笑

P1000528.jpg

それから、オーストラリアの野鳥の象徴クッカバーラ(kookaburra)。
日本名はワライカワセミ。

モフモフとした可愛らしい見た目とは裏腹に、思いも寄らない朝食泥棒!
どうもベーコンが大好物のようで、BBQエリアでベーコンを調理している人がいると、
近くの木の上からジーッと観察し、ふとした瞬間に飛び込んできたかと思うと、
あっと言う間にベーコンをかっさらっていってしまうのだそうです。
実際、ベーコンを焼いている友達の頭のすぐ上まで来ていましたからね。
恐るべし、クッカバーラ!

(ワライカワセミの特徴は、こちらをクリックしてご覧ください→ワライカワセミ

P1000554.jpg

それから、Woodgateのキャンプで初めて出逢ったこのお方、ゴアナさん(オオトカゲ)。
ノッソノッソと歩いているかと思えば、木をのぼり、枝から枝へとジャンプ。

多少近づいても、こちらをジロリを睨みつけるようなことはないのですが、
その横を歩く私たちまでも、静かにノッソノッソしてしまうほどの存在感でした。。

ヒィ~。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイトキャンプ@Lake Cootharaba - 夜の宴
P1000455.jpg

今回のキャンプは2泊だけだったので、食料には特に困りませんでした。
冷凍できるお肉やジュースパックなどはとりあえず冷凍し、
食料兼氷としてエスキーに詰め込んで準備完了。

冷凍されていた食料は、あいにく初日のうちに溶けきってしまったのですが、
カイト仲間が余った氷をくれたので、それで冷やす事ができました。
感謝感謝!

今回のキャンプ飯は、1晩目がステーキ、2晩目がタイカレー。

P1000456.jpg

の予定だったのですが、近くにパブがあり、初日はみんなと一緒にそこへ食べに行きました。
ブライトンでは良く顔を合わせるものの、あまり話をした事が無い人もいたので、
お互いを知る良い機会になった気がします。

このパブで食べたのは、グリルドダック(ハズ)とキッズステーキ(ワイフ)。
お味はグリルドダック>ステーキといった感じでしたが、
どちらも普通に美味しかったです。

P1000453.jpg

それと、実は最近気付いたことなのですが、近くにパブなどがあると、
意外にみんな自炊はせず、そこで食事を済ませる人たちも多いみたいです。
まぁ、参加者の9割は男性陣なので、わからないこともないのですが。
外食好きなオージー文化は、キャンプも例外ではないようです。。

というわけで、彼らは2晩目もパブに行っていました。

私たちにとっては、キャンプ飯もキャンプの醍醐味の一つなので、
2晩目は自分たちのテントで自炊しました。
メニューは、ステーキとカレーの両方。
翌日帰るので余ったら持って帰ればいいや・・と思っていたら、
まんまと全て平らげて帰ってくることとなりました。笑

P1000524.jpg

私たちが料理をしていると、結構な人が羨ましそうに集まってきのが意外でした。
もしや彼らは、外食がしたいというよりも、作るのが面倒臭いだけなんじゃ・・?感否めず。笑

オーストラリアでは、料理番組がやたら放送されているわりに、
料理嫌いな人、苦手な人が多いらしいので、
キャンプ場のような場所ではなおさらかもしれません。
すると、実は外食好きというよりも、ただ単に料理をするのが嫌なだけ?
なんていう可能性も感じ始めた夜でした。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports