三度の飯よりカイトサーフィン
より良いカイト環境を求めてビーチの近くにお引越し。ブライトンで日々のカイトライフを夫婦で楽しんでいます。
Profile

Kitalysta

Author:Kitalysta
オーストラリアに移住して念願のカイトサーフィンを始めた夫婦のカイトサーフィン日誌



Latest journals



Latest comments



Latest trackbacks



Monthly archive



Category



カウンター



Tag

IKO
カイト カイトサーフィン Head オーストラリア Elliott ブライトン ブリスベン キャンプ Byron Bay Bangalow Island Double Teewah Freshwater Point カイトトレーニング IKO インストラクター ゴールドコースト レッスン サンドゲート 洗車 Inskip カイトギア SUP Noosa Beach Rainbow beach IKOインストラクター Heads Lake Cootharaba ジャンプ Day Australia up 掃除 Clean デモ トレーニングカイト アシスタント 船舶免許 Burrum 船舶 ボート アシスタント・インストラクター 風待ち バックロール Woodgate woodgate クーランガッタ Golden レインボービーチ kitepower オリンピック ウィンドサーフィン ウィンド リオ カイトレーシング ブラジル 修理 CPR ファーストエイド タイド ハイタイド ウェーブ ピクニック コンペティション ラック ボード カーゴ クロスバー ショーンクリフ キングタイド ナッジー スケボー オフトレ 爆風 スカボロー BBQ バーベキュー カイトハウス Kitepower Catalyst カタリスト サンシャインコースト EDGE OZONE C4 超微風カイト カイトボード ロングスケートボード カイトレッスン ロンスケ ランチ ニーボード ケーブルパーク ウェイクボード エリオットヘッズ ゲーム トリップ 日の出 キャンプサイト フラットウォーター ローカル ライダー ウォータースタート ウェット ボーディー Mystic ウェットスーツ ハーネス 怪我 ダウンループ ループ 散歩 トーサイド ロード&ポップ ビーチ 放課後カイト クラゲ ペリカンパーク レッドクリフ カイトショップ カイトサーファー お散歩 ホースバックライディング



Search form



Display RSS link.



Link

add link



Friend request form

Want to be friends with this user.



seabreeze.com.au
ワイフ専属インストラクター
P1030265.jpg

レッスンを受けてからしばらカイトをお休みしていたワイフが
またちょいちょい海に戻ってくるようになりました。

もう少しでボードに乗れる!というところで止めてしまっていたので、
またゼロからのスタートになるだろうとお互いに覚悟?していたのですが、
これが驚くほどカイトのコントロールだけは良くて(笑)、
いつだかすら覚えていない前回の続きから始まりました。

もちろん、僕が無料でご奉仕。

P1030268.jpg

インストラクターになる前にも、
何度か彼女のサポート役としてついていったことがあって、
その時は、何度も同じミスを繰り返す彼女にイライラしたり、
僕がしないようなクラッシュの仕方をすると心配になったり、
要らぬことを言って険悪なムードになったり・・なんてこともあったのですが、
インストラクターになってからは、僕も随分と成長したようで、
彼女からのクレームはゼロ。
なんならお褒めの言葉まで頂けるようになりました。笑

相変わらずボードに乗るのに苦労していますが、
それでも、毎回自分ができる範囲で頑張り、
ちびりちびりと地味~に進歩しています。

前回の感覚を忘れず次につなげるという意味では、
一週間くらい続けて毎日海に出られると良いのですけどね。
なかなかうまい具合に時間がとれなかったり、
風が吹いてくれなかったりするわけです。

P1030270.jpg

でも彼女曰く、別にプロになりたいわけでも、
誰かと競いたいわけでもないので、
上達までに時間はかかってはいるけれど、
楽しめているから良いのだとか。

そんなわけで、僕も気長に応援してあげたいと思います。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


インストラクター専用ラッシュ
P1020974.jpg

Kitepowerからインストラクターのラッシュを受け取りました。

といっても、前見頃はいつものKPラッシュとなんら変わりませんけどね。

9月末にIKOインストラクターの資格を取得し、
翌月から実際にインストラクターとして始動してきましたが、
背中にこの文字が入ると、なんだか一段と身が引き締まる思いです。

P1020972.jpg

インストラクターの中には、風のいい日こそレッスンをしなくてはならず、
インストラクターになったことを悔やむ人もいるようですが、
僕は想像していた以上に教えることが楽しくて、
風がいい日なんかは、生徒さんがボートに立てるんじゃないかとワクワクしてしまいます。

特に、一人立ちできるようになった生徒さん達をビーチで見かけると嬉しいし、
こんなことができるようになったよ!と嬉しそうに話しに来てくれたりすると、
もうインストラクター冥利に尽きるといった感じでしょうか。

これから、ますます頑張って行きたいと思います。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


インストラクター面接!
P1020651.jpg

インストラクターとして仕事を始めるためショップの面接を受けてきました。

といっても、筆記とかではなく、
Level 2ヘッドインストラクターの見ている前で
実際にレッスンをし、採用を判断されるセッション。

生徒さんに教えること自体は、講習ではもちろん、
アシスタントの時から散々やってきているので、
特に緊張するようなことはありませんでしたが、
これをパスするとお給料がもらえるようになるので、
インストラクターとしての心構えというか、
責任のようなものを感じました。

結果は、合格。

明日もレッスンの予約がいくつか入っているようで、
早速明日から一人立ちです。

頑張るぞー!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


ユニフォームとIKOマニュアル
P1000248.jpg

インストラクターになるにあたり、
これから僕のユニフォームともなるKitepowerのラッシュをもらいました。

個人的に、次に新しくラッシュを買う時は、
Kitepowerのラッシュにしようと思ってはいたものの、
いざこういう形で手にすると、なんだかこそばゆい気もします。

それと、レッスンの時は、他店の物は身につけないようにとも注意されました。

思えば、今まで何も考えずに、他店の名前の入った帽子と、
某メーカーのラッシュを身につけて海に出ていましたから、
よくよく考えれば配慮が足りなかったですね。。

P1000255.jpg

それと合わせて、9月の講習でみっちり勉強するIKOのマニュアルを借りてきました。

カイトを教えるための大切な情報が詰まった1冊。
チャプターごとにテストがあり、
眺めているだけでも気が引き締まります。

9月まではまだまだありますが、
カイトサーフィンの知識と技を日々磨いていきたいと思います。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


IKOインストラクターへの道〜アシスタント4回目
P1000215.jpg


今日は4度目のアシスタント。
場所は、風の関係でサンドゲートでした。

生徒さんは20代後半の男性。
過去にカイトサーフィンのレッスンを受けたことがあり、
ウォータースタートの途中まではやったものの、ボードの上に立つまでにはいたらず。
それから大分時間が経ってしまったので、基本からやり直したいということでした。

実際、カイトコントロールは問題なし。
問題はボードコントロール。

そこで、メインインストラクターがウォータースタートの手本を見せている間、
それに合わせて大切なポイントを説明しました。

◆ 大切なのはボード上での姿勢。
 進行方向の足をピンと伸ばし、反対の足をややリラックスさせ、
 カイトに体を預けるように後ろに重心をかける。

すると、その後からはボードに立てるようになり、
進んでは止まり、進んでは止まりを繰り返すようになりました。

次に、風が十分ではない時は、ウォータースタートした後、
バーを手前に引いて(バーイン)カイトを下げ、
バーを奥に戻して(バーアウト)上げる。
それを繰り返しながらカイトに風を取り込むようにすると、
止まらずに進めることを説明しました。

多くの生徒さんは、
バーを引いていればスピードアップすると思っているようなのですが、
バーを引いても押しても、カイトが風を受けなければ進みません。
大切なのは、いかにカイトを使って風を作り出すか。

それを何度も練習してもらっているうちに、
最後には、レギュラーのスタンスではかなり滑れるようになりました。

レッスン後、生徒さんはかなりの充実感を得ていたようで、
なんだか僕まで嬉しくなりました。

あるインストラクターは、生徒がボードに乗れるようになることが
大きな喜びだと話していましたが、それを実際に体験した瞬間でした。

これからも頑張るぞー!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports