三度の飯よりカイトサーフィン
より良いカイト環境を求めてビーチの近くにお引越し。ブライトンで日々のカイトライフを夫婦で楽しんでいます。
Profile

Kitalysta

Author:Kitalysta
オーストラリアに移住して念願のカイトサーフィンを始めた夫婦のカイトサーフィン日誌



Latest journals



Latest comments



Latest trackbacks



Monthly archive



Category



カウンター



Tag

> tags
カイト カイトサーフィン Head オーストラリア Elliott ブライトン ブリスベン キャンプ Byron Bay Bangalow Island Double Teewah Freshwater Point カイトトレーニング IKO インストラクター ゴールドコースト レッスン サンドゲート 洗車 Inskip カイトギア SUP Noosa Beach Rainbow beach IKOインストラクター Heads Lake Cootharaba ジャンプ Day Australia up 掃除 Clean デモ トレーニングカイト アシスタント 船舶免許 Burrum 船舶 ボート アシスタント・インストラクター 風待ち バックロール Woodgate woodgate クーランガッタ Golden レインボービーチ kitepower オリンピック ウィンドサーフィン ウィンド リオ カイトレーシング ブラジル 修理 CPR ファーストエイド タイド ハイタイド ウェーブ ピクニック コンペティション ラック ボード カーゴ クロスバー ショーンクリフ キングタイド ナッジー スケボー オフトレ 爆風 スカボロー BBQ バーベキュー カイトハウス Kitepower Catalyst カタリスト サンシャインコースト EDGE OZONE C4 超微風カイト カイトボード ロングスケートボード カイトレッスン ロンスケ ランチ ニーボード ケーブルパーク ウェイクボード エリオットヘッズ ゲーム トリップ 日の出 キャンプサイト フラットウォーター ローカル ライダー ウォータースタート ウェット ボーディー Mystic ウェットスーツ ハーネス 怪我 ダウンループ ループ 散歩 トーサイド ロード&ポップ ビーチ 放課後カイト クラゲ ペリカンパーク レッドクリフ カイトショップ カイトサーファー お散歩 ホースバックライディング



Search form



Display RSS link.



Link

add link



Friend request form

Want to be friends with this user.



seabreeze.com.au
暴風雨カイト
P1000277.jpg

今日は昨日よりもっぽさが増して、
風予報も30ノットから徐々に上がっていく感じでした。
それでも、本格的なが来る前に、もう一度くらい行けるかな・・?
と淡い期待を抱いてビーチに向かいました。

すると、実は昨日よりも多くの人が集まっていて、
みんな小さめのカイトや、通常のカイトでも完全にディパワーして出ていました。

僕は今日も8m。
昨日はパワー不足でしたが、今日はちょうど。
軽くジャンプした瞬間突風に吹かれ、
意図せずメガジャンプを体験するというハプニングに見舞われながら、
激しい雨がふる灰色の雲の下、楽しい時間を過ごしてきました。

明日は40ノットを越えるようで、さすがに、どうでしょうね・・。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


雨降りカイト
P1000271.jpg

連休初日(有休)、ブリスベンも軽くっぽい天候でしたが、
とりあえずビーチまで行ってみることにしました。

風は30ノット前後。
とはいえ、さすがに来る人はいないだろうと思ったら、
僕らのようにキャンプを断念して暇を持て余した人たちが結構集まっていました。笑

オーバーパワー過ぎるのを懸念してワイフのCatalyst 8mで出ましたが、
途中で風が落ちて、むしろパワー不足。
それでもカイトは絞れるほどびしょびしょなので、
10mを再度パンプアップすることなく連休DAY 1は終了。

夜はキャンプ用に買ったステーキ焼きます。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイトキャンプ@Burrum Heads - 断念
Screen shot 2013-01-27
(写真はBurrum Heads Accommodation Centreのウェブサイトより)

この週末はオーストラリアデー(祝日)があり3連休。
そこに有休をつけて4連休にして、カイトキャンプへGO!

行き先は、年末に訪れたWoodgateよりも少し南にあるBurrum Headsというビーチ。
ここにはトイレはもちろん、シャワーや電源まで完備されているキャラバンパークがあり、
僕らの小さな2WDでも余裕で行ける場所です。

決まった時からもう楽しみで、前日には全ての準備を済ませ、あとは車に積み込むだけ!

というところで、こんなものを目にしてしまいました。。。

     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


Screen shot 2013-01-26

Burrum Headsは、右上に見えるHervey Bayから1.5cmくらい上がった所なのですが、
低気圧の結晶のような巨大な暴風雨に包まれているという・・。

この雨雲?が去ったら意外と大丈夫なのでは?とか、
どうせカイトで濡れるし、とか、いろいろとポジティブに考えてみたものの、
カイトができなかったら、結局3日間ずっとテントの中、
大雨のなかテントをセットアップしたり片付けたり、
テントは一応防水でも、嵐に耐えられるほど丈夫ではない、
ダメなら途中で帰ってくるという選択肢もあるけれど、
田舎道は冠水も激しく、帰って来れなくなっては困る、
そもそも、目的地までたどり着けるかすら微妙、
そして極めつけは、現地のやや北部に「洪水警報」。

ちーん。

しかも、この嵐はゆっくりと南下して来ていますから、
この地図のもっと南に位置するブリスベンから出発する場合、
必ずどこかの段階で、この嵐の目に遭遇するわけです。

そんなわけで、急遽空白になった4日間もの休みをどうしよう。。
と、途方にくれながらも、しぶしぶキャンプは断念しました。

次の長期キャンプは多分4月のイースターかな。
切なさいっぱいですが、次のキャンプを楽しみに、
この連休は家で大人しく過ごそうと思います。。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイト保険更新
P1000259.jpg

AKSA(Australia Kite Surfing Association)のメンバーになって早1年。
今年もメンバーシップを更新しました。
カイト保険の更新です。
今年は取りあえず僕の分だけ。

去年は幸いにもお世話になることはありませんでしたが、
何があるかわかりませんからね。
カイトサーファー必須のタグです。

これで今年もガンガン滑りまくるぞー。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイトサーフィン広報大使
P1000257.jpg

この度、夫婦でKitepowerのカイトサーフィン広報大使に任命されました。

なんていうのは冗談ですが、僕がインストラクターになることで、
やはり多少はショップの宣伝も必要かな?ということで、
パンフレットをちょろっともらってきました。

興味のある方、いつでもお声がけくださーい。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


IKOインストラクターへの道〜船舶講習
P1000251.jpg

今日は船舶(モーターボート)の免許を取得するための講習に行ってきました。
もちろんワイフも一緒に。笑

朝8時から夕方4時まで、理論と実技で丸1日。
割合的には、理論が2/3、実技1/3といったところでしょうか。

理論では、内容はもちろんテキストのページ番号まで頭に入っている教官が、
海上のルールやサイン、安全面、気象など、
ボートの操縦や計画を立てるにあたって大切なポイントを細かく説明してくれました。

実習では、まずは教官の運転で沖にでて、普通の走行や救助など、
テーマごとに教官が手本を見せて、そのあと一人ずつ順番に運転していきました。

僕らのグループは5人。
大抵の人は1〜2度やれば運転を交代するのですが、
ワイフは堅いハンドルを思うように動かすことができず、
「それじゃ合格させてあげられない」と何度もやり直しさせられ、
最後はどうにか合格点をもらってホッとしていました。
僕は、車の運転や、カイトで風、波に慣れているせいか、
みんなよりも操縦時間が短かったので、
正直もう少し練習させてもらいたかったです。。

船の運転は、ちょっとの風や波でも軌道がすぐにぶれるので、
常に頭を使いますが、海の上を風を切って進むのは、この上ない開放感がありました。

それにしても、地上では本来「右(right)」「左(left)」という言葉があるのに、
どうして海に出たら、右が「スターボード(starboard)」で左が「ポート(左)」、
前は「バウ(bw)」で後ろが「スタン(stern)」になってしまうのだ??
これまでの人生、右は右、左は左と認識してきていたものが、
ここへきていきなりスターボートなんて言われても・・!
と思っていたので、海の実習で、スターボートと言われれば舵を右にきり、
ポートと言われれば左に向かってる自分がいた時にには正直驚きました。
何事も真剣に臨めばできるものですね。笑

P1000253.jpg

それと、僕らは事前に勉強をしていかなかったので、当日の講習が全てでした。
最後にはテストがあり、合格しないことには免許がもらえません。
なので、教官の言う事は一語一句のがしてはいけないと集中した結果、
ワイフとは違う問題のテストを受けたにもかかわらず、
結果は2人揃って50問中47問正解。
これが何を意味するかと言えば、
教官の話に出て来なかったところだけを同じように間違えてたわけです。

このテストもFirstAidの時と同様で、間違えた問題はもう一度やりなおし、
50問全て理解できれば合格ということでした。
そして、講習終了時にこの証書をもらいました。

P1000254.jpg

これを持ってQueensland Transportへ行き、$89の登録料を払えば、
晴れて船舶免許取得です。

ちなみに、今回の講習ではエクストラでジェットスキーの講習も受けることができたので、
こちらも合わせて取得することにしました。
免許の登録料はもちろん別。

($86 x 2種類) x 2人 = $344

外は猛暑でも、懐は大寒波です・・。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


ユニフォームとIKOマニュアル
P1000248.jpg

インストラクターになるにあたり、
これから僕のユニフォームともなるKitepowerのラッシュをもらいました。

個人的に、次に新しくラッシュを買う時は、
Kitepowerのラッシュにしようと思ってはいたものの、
いざこういう形で手にすると、なんだかこそばゆい気もします。

それと、レッスンの時は、他店の物は身につけないようにとも注意されました。

思えば、今まで何も考えずに、他店の名前の入った帽子と、
某メーカーのラッシュを身につけて海に出ていましたから、
よくよく考えれば配慮が足りなかったですね。。

P1000255.jpg

それと合わせて、9月の講習でみっちり勉強するIKOのマニュアルを借りてきました。

カイトを教えるための大切な情報が詰まった1冊。
チャプターごとにテストがあり、
眺めているだけでも気が引き締まります。

9月まではまだまだありますが、
カイトサーフィンの知識と技を日々磨いていきたいと思います。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


海用サングラス
P1000258.jpg

以前Kitepowerで買った海用サングラスのヒンジ部分が折れてしまったので、
どうにか直せないものかとショップに相談に行ってきました。

そしたら、まだ補償期間内ということで、新品と交換してくれました。
買い直すつもりのダメもとで行ったので、意外な展開に大喜び!

天気の良い日などは、日差しの強さはもちろん、
海面の照り返しもきついのでサングラスはマストアイテムです。
ただ、しっかりしたバンドがないと、落ちて波に流されてしまうので、
新しくなって戻ってきた僕の相棒、早速大活躍してくれることでしょう!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


慣れないビーチ
P1000238.jpg

レッスンの後、まだちょっと風があったので、
そのままサンドゲートに残ってカイトをしてきました。

いつもはブライトン(サンドゲートの北にあるビーチ)に行くのですが、
今日はレッスンで既に濡れていたこともありサンドゲートで。

サンドゲートは、どちらかというと初心者に人気のビーチといった印象で、
海のルールを知ってか知らないでか、平気で僕の左側を切っていったり、
自由気ままに縦横無尽に走り回る人たちが多くて、
正直走りにくかったです。。

その辺、ブライトンでは、何かあれば声を掛け合うし、
モラルのあるカイトサーファーが多いように思います。

北東の風の時は、ブライトンよりもサンドゲートのほうが風が良いらしいのですが、
それでも僕はブライトンがいいかな〜と思ってしまいました。。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


IKOインストラクターへの道〜アシスタント4回目
P1000215.jpg


今日は4度目のアシスタント。
場所は、風の関係でサンドゲートでした。

生徒さんは20代後半の男性。
過去にカイトサーフィンのレッスンを受けたことがあり、
ウォータースタートの途中まではやったものの、ボードの上に立つまでにはいたらず。
それから大分時間が経ってしまったので、基本からやり直したいということでした。

実際、カイトコントロールは問題なし。
問題はボードコントロール。

そこで、メインインストラクターがウォータースタートの手本を見せている間、
それに合わせて大切なポイントを説明しました。

◆ 大切なのはボード上での姿勢。
 進行方向の足をピンと伸ばし、反対の足をややリラックスさせ、
 カイトに体を預けるように後ろに重心をかける。

すると、その後からはボードに立てるようになり、
進んでは止まり、進んでは止まりを繰り返すようになりました。

次に、風が十分ではない時は、ウォータースタートした後、
バーを手前に引いて(バーイン)カイトを下げ、
バーを奥に戻して(バーアウト)上げる。
それを繰り返しながらカイトに風を取り込むようにすると、
止まらずに進めることを説明しました。

多くの生徒さんは、
バーを引いていればスピードアップすると思っているようなのですが、
バーを引いても押しても、カイトが風を受けなければ進みません。
大切なのは、いかにカイトを使って風を作り出すか。

それを何度も練習してもらっているうちに、
最後には、レギュラーのスタンスではかなり滑れるようになりました。

レッスン後、生徒さんはかなりの充実感を得ていたようで、
なんだか僕まで嬉しくなりました。

あるインストラクターは、生徒がボードに乗れるようになることが
大きな喜びだと話していましたが、それを実際に体験した瞬間でした。

これからも頑張るぞー!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


だ〜れだ?
P1000204.jpg

空中散歩から名誉挽回のジャンプ!

「誰の足?」という話ですが、この長さで分からない人はないでしょう。笑

僕、胴は長いんですけどねぇ。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


空中散歩。
P1000168.jpg

遠浅な時間帯だったので、ワイフが新カメラを持って海の中まで一緒に来てくれました。

P1000172.jpg

このLUMIX、ズーム自体は以前から使っているカシオのカメラと大差ないのですが、
ライカのレンズが採用されているからなのか、これが最新のテクノロジーというものなのか、
ズーム時のピントの合い方が半端なく良いらしく、
最近は専らカメラマンとして活躍してくれているワイフが大絶賛してました。

P1000177.jpg

そんな高機能LUMIXの充電がなくなり、
防水ではない旧カメラを持って戻ってきてくれたときの1枚がこちら↓↓↓

CIMG6616.jpg

今日は調子が良かったので「高く、もっと高く!」とジャンプしていた最中の出来事。
思いがけず、宙を歩いてしまいました。笑

Facebookでもこれまでにないほどの「Like(イイネ!)」を頂き、
この後どうなった?と心配する声があったので、一応お伝えしておくと、
この後は、落下傘のようにふわ〜ん→ぽちょんと落っこちました。

時には、勢い良くザッバーンと水に打ち付けられ、
そのままカイトをクラッシュしてしまうパターンもあるのですが、
今回の空中散歩に関しては、至って平和な落下でしたよ。笑

ハイリスク、ハイリターンよりは、ローリスク、ローリターン。
安全第一で楽しんでいきたいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


IKOインストラクターへの道〜アシスタント3回目
P1000163.jpg

今日は午後から軽く滑った後、レッスンのアシスタントをしました。

今日の生徒さんは20代の男性。
カイトサーフィンのレッスンは初めてとのことでしたが、
理論の理解が早く、運動神経も良さそうな方でした。

僕も過去2回のアシスタントでレッスンの流れは理解できてきたので、
今回もインストラクターの指示を仰ぎつつ、アシスタントしてきました。

今回学んだことは、

◆ ボードをリーシュで引っ掛けておくと邪魔にならない。
  
◆ ウォータースタートのアシストは板を垂直に持ち動かないように確りと固定させる。

◆ ウォータースタート時のパワーは、微風のときは続かないので
  カイトを上げ下げしてパワーを生み出すことを教える。
  下げるときはバーを引き、上げる時はバーを放すのがコツ。

◆ ウォータースタート時はボードの先端を少しダウンウインドに向ける。
  風の向きに関わらず、浜の方角がダウンウインドと勘違いする場合があるので
  必要に応じてウィンドウィンドウを確認してもらう。

◆ 遠くに目標物を設定すると、カイトコントロールに気をとられすぎずに
  上手く乗れることが多い。

レッスンの進め方とは別に、教えるときの「コツ」みたいなものは、
数をこなすことで身に付くものだと思うので、
最低10時間のアシスタントが終わってからも、
機会があれば、引き続きアシスタントとしてレッスンに同伴したいと思います。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


移動カフェで風待ち
P1000119.jpg

今日の風予報はそこまで悪くなかったので、
お昼から張り切ってビーチへ行ったものの空振り。

パワフルなEdgeの13mでも出るのを迷うほどで、
コーヒーを飲みながら風待ち仲間達と終始お喋り。

P1000121.jpg

近くにカフェもあるのですが、この日は移動かフェのおじさんがビーチ前を通ったので、
すかさずみんなで襲撃。
おじさんも「風がないから通ってみたよ」と、なかなかの商売人。笑

P1000117.jpg

あっちでペチャクチャこっちでペチャクチャしているうちに、
なんとなく風も上がってきたので、軽く滑りに出て今日のところはおしまい。

明日は明日の風が吹く。
というわけで、明日の風に期待したいと思います。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


なんちゃってテールフィシュグラブ!
P1000102.jpg

ジャンプバックロールの練習と合わせて、
なんとなくグラブっぽいこともできるようになりました。

あまりに地味過ぎてよ〜く見ないと分からない程度ですが、
僕にしては上出来です。笑

何事もはじめの一歩から。

時間をかけて精度を上げていきたいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


サンタがやってきた♪
CIMG6604.jpg

クリスマスには、友人のファミリークリスマス会にお邪魔してきました。

僕たち夫婦が参加させてもらうようになってから、今回でもう3回目。
彼らの親戚が一堂に介すこのクリスマス会では、
毎年シークレットサンタという送り主が秘密のプレゼント交換をします。
そして今回のサンタは、どうやら僕の好みを良〜くご存知だったようで、
今後僕のバイブルとなるであろう貴重な1冊を頂きました。

この本には、世界中のカイトスポットやその特徴などが細かく紹介されていて、
僕らの行きたいカイトスポットが、これでまた一気に増えてしまいそうです。笑

Thank you, my secret santa!!

20130102_133655.jpg

それから、クリスマスの翌日はボクシングデーという祝日で、
この日は、いろいろなお店がいろいろな物を大特価で売り出します。
イメージ的には日本の『初売り』のような、
どのお店にも朝から大行列ができるほどの大ショッピングデー。

先日のキャンプでカメラを砂浜に落としてしまい、恐ろしい思いをしたので、
防水、防塵で、なおかつズーム機能も充実したカメラを探していたところ、
PanasonicのLUMIXがセールになっていました。

これなら、水中でも撮影できるし、砂浜に落としても安心。
価格的にも、30%オフと大幅ディスカウントな上に、
円換算でも日本で売られている同機種より安かったので、
自分たちへのクリスマスプレゼントとして購入することにしました。

しかも買ってから知ったことは、日本では別売りのこのシリコンカバー、
こちらでは同梱されていて、さらにお得感がUPです↑↑↑

なので、本当は違う色が良かったのですが(最後の1台で青しか残ってなかったので)、
そこは目を瞑ることにしました。

今年は、海でも無敵なこのカメラと共に、
ますます充実したカイトライフを送っていきたいと思います!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


IKOインストラクターへの道〜アシスタント2回目
P1000083.jpg

今日は午後から2回目のレッスンアシスタントもありました。

今日の生徒さんは40代くらいの女性。
バックグラウンドはゴルフやテニスで、アクティブスポーツの経験はなし。
トレーニングカイトで練習はしてきたものの、今日が初めてのレッスンで、
カイトサーフィンには不安がある様子でした。

レッスンは、カイトサーフィンを始めるにあたっての説明からスタート。

カイトの名称と役割について】
リーディングエッジ
ストラット
キャノピー
ライン
バルブの構造など

カイトのパンプアップ方法】
パンプのフックをカイトに引っ掛ける
適量の空気圧を触って感じてもらう
目安としては、リーディングエッジが曲がらないくらい空気が入ったら、
リーディングエッジをはじき「ティン」と甲高い音になればOK

【ウィンドウィンドウについて】
アップウィンド、ダウンウィンド
パワーゾーン
ラウンチゾーン

【コントロールバーについて】
チキンループ
リーシュ
ハーネス
リリースシステム

【ラインのセットアップ】
ノッツとループ
カラーコード

カイトに関する説明を一通りしたところで、
今度は実際にラウンチする際の風のポイントを知ってもらう練習をしました。

ラウンチする状態に立てたカイトをインストラクターが支え、
バーを持った生徒さんにウィンドウィンドウを外から中へと歩いてもらい、
その角度(立ち位置)によってパワーが変わることを感じてもらいます。

この練習は、みんながみんなするというわけではなく、
生徒さんがカイトと風の関係をいまいち理解できていない場合や、
カイトに引っ張られることに不安を感じている場合など、
状況に合わせて臨機応変に付け加えるレッスンのようです。

なので、このような場合は、
一度スローダウンして、セーフティを中心に説明をします。

レッスンには、老若男女問わず、様々なバックグランドを持った人たちが来るので、
例えばウィンドサーフィンをしていた人なら理解も上達も早いし、
逆に海や風とは関係ないスポーツをしている人は多少時間がかかったりと、
レッスンの進め方は、生徒さんによって千差万別。

生徒さん一人一人が、
何か思うところがあってカイトサーフィンのレッスンを受けにくるわけなので、
僕もその生徒さん一人一人の熱意に応えられるよう、
根気よくサポートできるインストラクターになりたいと思いました。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


滑り初め☆2013
P1000066.jpg

明けましておめでとうございます!!

元日は寝正月を楽しみ、2日に滑り染めに行ってきました。

今年はインストラクターにもなるし、
もっと上手に滑れるように頑張りたいと思います。
エイエイオー!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports