三度の飯よりカイトサーフィン
より良いカイト環境を求めてビーチの近くにお引越し。ブライトンで日々のカイトライフを夫婦で楽しんでいます。
Profile

Kitalysta

Author:Kitalysta
オーストラリアに移住して念願のカイトサーフィンを始めた夫婦のカイトサーフィン日誌



Latest journals



Latest comments



Latest trackbacks



Monthly archive



Category



カウンター



Tag

> tags
カイト カイトサーフィン Head オーストラリア Elliott ブライトン ブリスベン キャンプ Byron Bay Bangalow Island Double Teewah Freshwater Point カイトトレーニング IKO インストラクター ゴールドコースト レッスン サンドゲート 洗車 Inskip カイトギア SUP Noosa Beach Rainbow beach IKOインストラクター Heads Lake Cootharaba ジャンプ Day Australia up 掃除 Clean デモ トレーニングカイト アシスタント 船舶免許 Burrum 船舶 ボート アシスタント・インストラクター 風待ち バックロール Woodgate woodgate クーランガッタ Golden レインボービーチ kitepower オリンピック ウィンドサーフィン ウィンド リオ カイトレーシング ブラジル 修理 CPR ファーストエイド タイド ハイタイド ウェーブ ピクニック コンペティション ラック ボード カーゴ クロスバー ショーンクリフ キングタイド ナッジー スケボー オフトレ 爆風 スカボロー BBQ バーベキュー カイトハウス Kitepower Catalyst カタリスト サンシャインコースト EDGE OZONE C4 超微風カイト カイトボード ロングスケートボード カイトレッスン ロンスケ ランチ ニーボード ケーブルパーク ウェイクボード エリオットヘッズ ゲーム トリップ 日の出 キャンプサイト フラットウォーター ローカル ライダー ウォータースタート ウェット ボーディー Mystic ウェットスーツ ハーネス 怪我 ダウンループ ループ 散歩 トーサイド ロード&ポップ ビーチ 放課後カイト クラゲ ペリカンパーク レッドクリフ カイトショップ カイトサーファー お散歩 ホースバックライディング



Search form



Display RSS link.



Link

add link



Friend request form

Want to be friends with this user.



seabreeze.com.au
2013年滑り納め
DSC00947.jpg

今日は、ローカル仲間からカイトの後にBBQをするとの連絡があり、
Scarboroughのビーチまで行ってきました。

この場所は、仲間がカイトしてるのを見に来た事はあっても、
実際に滑ったことは無かったような・・?

今日のような北風だとここがベストスポットなので、
良い風を求めてこっちに来るBrightonメンバーは多いのですが、
僕個人としては、多少風がいけてなくてもBrightonのほうが好きだったりします。

DSC00956.jpg

何はともあれ、滑り納めに相応しいストーム前の強風!笑

DSC00959.jpg

仲間の一人が持参したBBQグリルでみんなが持ち寄ったものを焼いていると、
空模様が怪しくなり、遠方に稲妻走りまくり・・。
そんなわけで、今年の滑り納めは、
名残惜しい雰囲気の中、暴雨風に襲われる前に撤退しました。

DSC00960.jpg

来年もいい風がふきますように!

Wishing you a happy new year and good winds!!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


エドちゃんとカイト
DSC00936.jpg

僕の同僚であり、良き友達でもあるエドが、
カイトサーフィンに興味を持ち始めました。

僕の長年にわたる勧誘活動が実を結んだのかもしれません。笑

ひとまず、レッスンを受ける前にトレーニングカイトの練習が必要なので、
ショップの前にある公園で、トレーニングカイトの操作を教えました。

DSC00933.jpg

最初はうまくできず、その後も黙々とやっていたので、
あまり楽しめなかったかな・・と心配していたら、
「ヤバい!めちゃくちゃ楽しい!!」と興奮気味に戻ってきました。

良かったぁ~。

1人で練習する前に、多分もう一度僕がアテンドしたほうが良さそうですが、
彼のカイトコントロールが上達して、レッスンまで進んでくれたら嬉しいなー。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


クリスマス会 2013
今日はKitepowerのクリスマス会がありました。

DSC00872.jpg

チームライダーやインストラクター、そしてそのパートナーと合計30名くらい。

僕らは、日本からワイフの前職の先輩が遊びにきていたので、3人で参加しました。

普段はビーチでしか顔を合わせない人たちがほとんどなので、
一緒にご飯を食べて、ゆっくり話す機会は貴重だったように思います。

場所は、チャイニーズレストラン。
終止和やかな雰囲気で、最後は閉店だからと追い出されてしまうほど、
みんな楽しんでいたようです。

というか、閉店時間21時半・・。田舎のレストランは早いですね。。

DSC00875.jpg

それにしても、Kitepowerでは、今年は沢山のインストラクターを養成し、
去年より多くのレッスンを行い、それに合わせてカイトギアも売り上げ、
なかなか繁盛した1年だったのではないかと思います。

来年は、僕らにカイトを教えてくれたインストラクターであり、
Kitepowerの顔としても有名なリースが新たな夢に向かって進むため、
Kitepowerを去ってしまいます。

彼のカイトに対する知識は計り知れなかったし、
人柄もまた素晴らしかっただけに、大きなロスになることは間違いありませんが、
きっとオーナーのジョンがまた新たな道を切り開いていくことでしょう。

僕も、インストラクターとして、来年も頑張っていきたいと思います。

Merry Christmas!!!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


ビーチドライブの必需品(4) ~スナッチストラップ
これは、リカバリーボードの上級編です。

DSC01684.jpg

上級というか悪化というか、
リカバリーボードでも出られないほど深くスタックしてしまった場合は、
このスナッチストラップをつけて別の車に引っ張ってもらい、
砂にハマった車を動かします。

ただ、助けてくれる仲間がいない時にスタックし、
他の車はどんどん自分たちを追い越していくのに、
何をどうあがいても出られないで時間だけが過ぎていくと、
もうこのまま家には戻れないんじゃ・・?が、餓死とか・・?
なんて、とんでもない想像をしてしまうこともなくはありません。涙

通り過ぎていく車も、自分たちがスタックしないよう一生懸命なので、
そんな時、モンスターカーに乗った経験値MAXを振り切ってるような人たちが現れ、
手伝ってくれたときには、この身をささげてもいいと思うほど、
涙がでるほど、感謝の気持ちでいっぱいになります。

まさに、救世主。
もう神様です。

(実際には、スナッチストラップを装着したり、
相手の車と呼吸を合わせてエンジンをかけたりと、
そんな感動に浸っている暇はないのですが・・)

そしてここで尋ねられるのが、
リカバリーボードは持ってるか?
タイヤの空気圧はいくつまで落とした?
スナッチストラップは持ってるか?

他にも、スナッチストラップをつけるフックはあるか?などなどありますが、
まずはこの3つあたりから入ってきます。

そして、持っていなければ、中には貸してくれる親切な人たちもいます。

DSC01685.jpg

ただ、本来なら、ここで提供すべきは自分のスナッチストラップ。

決して安いものではないですし(というか高い!)、使えば少なからず伸びてしまうので、
助けてくれる人のストラップを借りるというのは、本来マナー違反!

かくいう僕らも、初めて激しくスタックした時は何も知らず、
オファーされるがままにストラップを使わせてもらったことがあるのですが、
後日アドベンチャーの大先輩より、ビーチドライブをする時には、
リカバリーギアを一通り積んでおくのが常識で、
もしスナッチストラップを使って助けてもらうような状況に陥った場合は、
助けてくれた人に後で冷えた飲み物を渡すとか、ちょっとキャッシュを渡すとか、
それがお互いに気持ちよくアドベンチャーを楽しむためのマナーだと教わりました。

DSCN4779.jpg

なんでも、最近は何も持たずにビーチに乗り込んでくる人も多く(特に若い旅行客とか)、
これまで助けた人の中には、目も当てられないような人たちもいたのだとか。
以来彼らも学んで、助ける相手を選ぶようになったと話していました。

ドキッ・・。

あぁ、心が痛い。

というわけで、この話を聞いた翌週には、
僕らもスナッチストラップを買いに行ったのでした。
次に必要になってからでは手遅れですからね。。

それと我が家のカイトカーには、購入時にリカバリーポイントという
ストラップをつけるフックがついていなかったので、
この機会に、これもつけておくことにしました。

DSC01690.jpg

ちなみに、他の州はわかりませんが、クイーンズランド州の場合は、
4WDドライブの必須アイテムが場所ごとに記されている
政府のウェブサイトがあるので、要確認、要準備です!

そして、このスナッチストラップが最後の砦であり、
これでだめなら、大出費覚悟でRACQ(ビーチレッカー)を呼ぶしかありません。。

そんなことにならないよう、皆さんマナーを守ってビーチドライブを楽しみましょう!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


ビーチドライブの必需品(3) ~エアーコンプレッサー
DSC01686.jpg

ビーチドライブを終えて舗装された道路に戻ったら、
ペッコリへこんだタイヤに空気を入れます。

たいていの場合、ビーチドライブができるビーチの出入り口や、
少し走っていった所には、空気入れのあるスペースやガソリンスタンドがあります。
車体の下を洗える洗車場(Underbody Car Wash)があるような人気スポットなら、
たいてい空気入れスペースも併設されているので、
エアコンプレッサーを持っていなくても困ることはないと思います。

DSC01687.jpg

ただ、場所によってはガソリンスタンドまでの道のりが長かったり、
空気入れが故障していたり、空気入れが機能していても、
空気入れ待ちの長蛇の列ができていることもあるので、
持っていると便利なアイテムであることは間違いないと思います。

これがあれば、タイヤがパンクしたときでも、
専用キットで穴を塞いだ後に空気も入れられますしね。
というわけで、ビーチドライブ以外でも、
キャンプの時はたいてい車に乗せています。
CIMG6995.jpg



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


ビーチドライブの必需品(2) ~リカバリーギア
P1020080.jpg

タイヤの空気圧を計るゲージと同じくらい大切なのが、リカバリーギア。

車が砂にスタックした時にこれをタイヤの下に差し込んで使います。
このグリップが砂の中でタイヤが空回りするのを防ぎ、
スタック状態から抜け出すことができます。

基本的には、そこまで酷くタイヤが埋もれていなければ、
このボードだけでサクッと抜け出せます。

もちろん、こんなアイテムは使わずに済むのが理想的なわけですが、
天気等によって砂の状態も変わってきますし、
いつなんどきピンチに陥るかは分からないので、
ビーチドライブの際には、確実に車に積んでおきたいアイテムです。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


ビーチドライブの必需品(1) ~エアゲージ
8月末に行ったInskipキャンプで
正式にビーチドライブデビューをして以来、
今シーズンは本当にいろいろなビーチをドライブしました。

当初はフラットなビーチでもかなり緊張しましたが、
最近は多少ラフな砂浜でもそこそこ運転できるようになりました。
特にカイト仲間が一緒のときは、
上級ビーチドライバーがわんさかいるので安心安心。笑

今回は、ビーチドライブに必要なアイテムをいくつかご紹介します。

まず1つめが、エアゲージ(空気圧計測器)。

P1020081.jpg

砂浜に入る前には、入り口の手前で必ずタイヤの空気を抜きます。

我が家のカイトカーである旧型PRADOの場合は、
通常37~40psiのところを17~20psiまで抜いています。
そうすることでタイヤと地面(砂)の設置面積が増え、
不安定な砂の上でも十分なグリップを得ることができます。

うっかり空気を抜かずにフカフカの砂浜に突っ込んでしまうと、
タイヤが砂にはまり、タイヤを回転させればさせるタイヤは深く沈み込み、
スタックして出られなくなってしまいます。

砂が柔らかい場所ほど多めに空気を抜く必要がありますが、
そうはいっても限界がありますし、
初めから太く大きなタイヤを装着してる車も沢山みかけます。

DSC00611.jpg

というか、ビーチドライブをしていてすれ違う車は、
8割型がそんなモンスターカーだったりもします・・。笑

と言うわけで、カイトとは関係ない友達には、
僕らの車は「大きい車」と呼ばれていますが、
一度ビーチ出れば、僕らの車なんて、ひよっこ同然の「小さな車」なのです。

僕ら的には今のところこれで十分ですけどね。

とりあえず、このエアゲージは、
かさばる物でもないので、ダッシュボードに常備しています。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


ワイフ専属インストラクター
P1030265.jpg

レッスンを受けてからしばらカイトをお休みしていたワイフが
またちょいちょい海に戻ってくるようになりました。

もう少しでボードに乗れる!というところで止めてしまっていたので、
またゼロからのスタートになるだろうとお互いに覚悟?していたのですが、
これが驚くほどカイトのコントロールだけは良くて(笑)、
いつだかすら覚えていない前回の続きから始まりました。

もちろん、僕が無料でご奉仕。

P1030268.jpg

インストラクターになる前にも、
何度か彼女のサポート役としてついていったことがあって、
その時は、何度も同じミスを繰り返す彼女にイライラしたり、
僕がしないようなクラッシュの仕方をすると心配になったり、
要らぬことを言って険悪なムードになったり・・なんてこともあったのですが、
インストラクターになってからは、僕も随分と成長したようで、
彼女からのクレームはゼロ。
なんならお褒めの言葉まで頂けるようになりました。笑

相変わらずボードに乗るのに苦労していますが、
それでも、毎回自分ができる範囲で頑張り、
ちびりちびりと地味~に進歩しています。

前回の感覚を忘れず次につなげるという意味では、
一週間くらい続けて毎日海に出られると良いのですけどね。
なかなかうまい具合に時間がとれなかったり、
風が吹いてくれなかったりするわけです。

P1030270.jpg

でも彼女曰く、別にプロになりたいわけでも、
誰かと競いたいわけでもないので、
上達までに時間はかかってはいるけれど、
楽しめているから良いのだとか。

そんなわけで、僕も気長に応援してあげたいと思います。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports


カイトいろいろ。
DSC00219.jpg

僕らにとって、Kitepowerはカイトサーフィンショップですが、
正確には、ショップ名の通り様々なカイト(凧)を扱っています。

中でもオーナーのJonはバギーカイトに凝っていて、
キャンプにはよくバギーを持参したり、
ブリスベン北部から車で1時間くらいのところにあるBribie Island
カイトサーフィンとはまた別にデモデーを行ったりしています。

この日もデモがあるというので、Bribile islandの観光がてら様子を見に行ってきました。

まずは、ランドボードカイト
マウンテンボードとも言うのかな?
スケートボードよりも大きく安定したタイヤにストラップのついたボードを履き、
カイトで引っ張られていくという、一見簡単そうに見えるこの組み合わせ。

カイトで引っ張られる方向に足がついていかなくて、慣れるまでに結構時間がかかりました。
もっと自由に動き回れるようになったら楽しいのでしょうけど・・。

ジャンプしたりくるっと回ったり、あれは神業ですね。

DSC00222.jpg

それから本命バギーカイト。
これもなかなかカイトをウィンドゾーンに置いておくのが難しくて、
すぐにカイトが落ちてしまったり、バギーが思いもよらない方向へ暴走したりして、
いつ海に突っ込んでしまわないかとヒヤヒヤ。

何よりシートからペダルまでの距離がいかにも足長さん用で、
僕のような短身かつ胴長の人間には正直無理が・・。

と思っていたら、彼らもそれに気づいたようで、
後ろにクッションでも置けば乗り易いかもよ?
あ、そうだ!後ろにワイフが乗ればぴったりだよ!と。

なんちゅー応急処置・・と思いながら早速トライしてみると、
これが意外と良い感じ。笑

737275_561134490646916_736558433_o.jpg

背もたれがないので、これ腹筋にくるー!なんて言いながら、
ワイフにとっても楽しいライディングになったようです。

たまには違うカイトで遊んでみるのも面白いものですね。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Topic:Kitesurfing - Genre:Sports